スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

バルブ袋

石油製品の値上げが相次ぎ、コーヒーのバルブ袋も値上げラッシュ。

20060122101747.jpg


光を通さない、アルミ蒸着は理想だが、値段もお高い。

20060122101807.jpg


こちらは、蒸着袋より安いが、透明のため劣化が速い。


20060122101818.jpg


これが最新のバルブ袋。
袋の継ぎ目に細工がしてあり、外からは分からない。
やや、抜けが良すぎるようにも思うが、
アルミ蒸着の割に、他のバルブ袋より、遙かに安価。
今年は、これを採用。

ついでに、コーヒー相場も昨年の暮れから急激な値上がり。
昨秋から一挙3割アップ。
投機筋の買いで、実需家のロースターは、大慌て。
この春は、大幅な値上げ必至の情勢。

スポンサーサイト
10:33 | コーヒー | comments (4) | trackbacks (0) | page top↑
南国の雪 3 | top | 南国の雪 2

コメント

#
>最新のバルブ袋
こんなのがあるんですね。知りませんでした。安価なのはいいですね。
コーヒー相場は3割のアップですか。
値段を決める「投機筋」。
コーヒーの世界は一筋縄では行かない様です。
by: とんきち | 2006/01/23 22:03 | URL [編集] | page top↑
#
珈琲豆の値段で、それを入れる袋の値段もなかなか無視できない物があるんですね。

買った後に日持ちをさせるかさせないかで大きく値段が違ってくるのは驚きで、豆を販売される方の苦労が少し分かる気がします。

変動が激しい珈琲を一定の値段で押させて販売するのは非常に難しい事なのかも。

今後どう転んでも値上げに移行する現状は辛いところです。(T_T)
by: オトシブミ | 2006/01/23 22:07 | URL [編集] | page top↑
#>最新のバルブ袋
>最新のバルブ袋
袋はどんどん進化してますよ。
このバルブ袋30年近く前にすでにあった。
確かドイツ製。
だが、特許料が高くてどこのメーカーさんも長らく足踏み状態だったな。
その間、窒素置換、真空パック、エージレスとかいろいろあったな。
by: UGQ | 2006/01/24 06:31 | URL [編集] | page top↑
#>どう転んでも値上げに移行する現状
例年、ブラジルの収穫後の降雨その後の開花状況がよければ、実需のロースターは、無理して買い込まないが、投機筋はお構いなしだからナ。
先に抑えられてしまったらどうしようもない。

2月は値上げ交渉に翻弄されそう。
買いだめ禁止のつもりだが、売上も欲しいし
下請けは辛い。
もっとも、プレミアムとか高級品にはそう影響ないと思う。
by: UGQ | 2006/01/24 06:41 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://roaster.blog38.fc2.com/tb.php/20-124e3bd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。