スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

マンデリン 1

コーヒーの味覚に大きく関わるのが、焙煎や抽出であることには違いない。
だが、その根元となるのはやはり個々のオリジンによる要素も多い。

そんな話してみようか。



アンウォッシュド精選と言えばブラジルやエチオピア。
では、マンデリンは?
一応、この精選方法に属してはいるが、ちょっと違う。

生豆のマンデリンで1番の特徴と言えば、潰れた豆の混入と深い緑青色、それと低グレード品のかび臭さ。

ブラジル、某国の他にマンデリンでおなじみのインドネシア・スマトラ島へも産地調査に行ったことがある。
と言っても2週間ぐらいのことだから
聞きかじっただけの事柄もあり、間違いもたぶんあると思う。

有名なスマトラ島リントン地区に入って直ぐに、広場で子供達がなにやら白いものの上で、今風に言えば板きれでスノーボード遊びをしていた。
近づいてみると、この白いものこそ、収穫されたパーチメントコーヒー。

ただの遊びじゃなく、パーチメントの脱穀作業だった。
しかもまだ、果肉を取り除いて間無しの状態での脱穀。…目の前で、どんどん潰れていく豆を見ると虚しさ一杯になった。

果肉除去作業は、見ていないがその時、聞いた話では小川で洗いながら取り除くとのこと。
これが、よくマンデリンに見られる潰れた豆の理由。

続きはまた次回。











スポンサーサイト
18:17 | コーヒー | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
マンデリン 2 | top | トラブルメーカー

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://roaster.blog38.fc2.com/tb.php/33-08e97204
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。