スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

生豆の話 

話は前回の続きだが、タイトルはちょっと変えてみた。
先月末の「Best of Panama 2006」第1位の価格を見て驚いた。

http://auction.stoneworks.com/includes/pa2006/final_results.html

「ゲイシャ種」凄い人気だ。
マラウィの同種なら何度も取り扱ってそれなりに好印象を持ってはいたが、この価格は凄すぎる。

それよりもっと驚いたのは昨年2位で今年も出品すれば確実に上位に入ったであろう別の農園産ゲイシャ種をオークション出品前に日本の商社が、買い占めたそうだ。


最近の、カップオブエクセレンスに於いて、7~8割は、日本のコーヒー屋さんが競り落としてる状況で随分頑張っていて、結果だけ見ていると大したものだと思える。

だが、裏を返せばそれら優秀なコーヒーを得る手段としてそれしか方法がないとも言える。

結局、産地とのパイプがないから、オークションでしか買えないと言うのが実情。

スタバなどスペシャルティーコーヒーの先駆け的なコーヒー屋さんは、先ずそんなオークションに参加してこない。
優秀なコーヒーを産出する地域や農園とのパイプがしっかりしているから必要ない。

さらには、世界的な大手ロースターさんが、青田買いに走り出し、毎年開催されていたオークションが中止になった産地も出てきた。

現実はそんなに甘くない。

そんな状況でパナマの優秀ロットを直接買い付けた日本の商社に良くやったと賛辞を送りたい。




スポンサーサイト
11:22 | コーヒー | comments (2) | trackbacks (0) | page top↑
| top | マンデリン 5

コメント

#コーヒーは最初が肝心
ご無沙汰しています。
やはりコーヒーは元が良くないと、どんなに努力しても良くならなく一番肝心な物だと想います。

日本のコーヒー業界が生豆を入手するパイプが確保されなかったのはちょっと残念ですが
少しでも良い豆を手に入れようとする姿勢は非常に感銘を受けます。

最近、マラウィを飲んでみて明らかに他の豆と違い、重厚で芯のある甘みで驚きでした。
今後、オークションだけではなく産地としっかりしたパイプをもって安定した品質の豆が
入ってくる良いなぁと思います。
by: オトシブミ | 2006/07/01 01:57 | URL [編集] | page top↑
#RE:ご無沙汰しています。
ご無沙汰。
最近は生豆の話ばかりしているからコメントじたいなくて本当に久しぶりですね。
マラウィをはじめアフリカの豆は非常に興味あります。
たとえばエチオピアのフルーティー感が何故あんなに絶妙なのかとか
いいテーマだと思うんだが、行ったことがないので創造でしか書けない為、
ちょっと躊躇しています。
by: UGQ | 2006/07/02 21:10 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://roaster.blog38.fc2.com/tb.php/38-a3296ab5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。